未分類

【体験レポ】美容皮膚科でほくろ除去したのでレポートします!

この記事を開いた人は、きっとほくろを取るか悩んでいる人でしょう。
わたしも昔からほくろが多いことがコンプレックスでした。

皮膚科かクリニックか、、韓国だと安いしな、、💭

色々考えているうちに月日が経ち、タイミングを逃していたのですが、
職場の先輩から都内に良い皮膚科があると教えてもらいました。

勇気を出してほくろ除去してきたので経過写真とともに紹介します!

美容皮膚科・榊原クリニック

私が行ってきたのは世田谷区の経堂にある榊原クリニックさん🏥
優しそうな男性の院長で老若男女問わず地元の人から人気のある皮膚科です。

クリニック名:医療法人社団 蘇青会 榊原クリニック
住所:〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-15-13
TEL:03-3706-9111
ホームページ:http://www.soseikai-gr.or.jp/

保険治療は予約制ではないので、直接来院しなければいけません。
そして榊原クリニックさんでは初診当日に施術を受けることはできません。

「初診の日に予約を取る(1ヶ月くらいは先)→施術日」です。
それを踏まえて来院の予定を立てることをオススメします!

初診の流れ

受付

クリニックに着いたら受付を済ませ、問診票を記入。
名前が呼ばれるまでソファで待つよう促されます。

月曜の午前に行ったのですが、
名前が呼ばれるまで 1時間弱 は待ちました!!

人気のクリニックなので、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

看護師とのカウンセリング

まずは看護師さんと2人でお話しします。

看護師さん
看護師さん
どこのホクロを取りたいか教えて下さい。

除去したいホクロをひとつひとつ見せていくと、
看護師さんがそれをPCに入力していってくれます🖥

看護師さん
看護師さん
治療可能かどうかは先生が判断するので、
気になっているところは全部教えて下さい。

とのことだったので、
とりあえず気になるところを全部伝えて入力してもらいました。

院長とのカウンセリング

看護師さんとお話ししていたら何の前触れもなくいきなり院長登場(笑)
院長の診察がスタート。

大きく隆起しているホクロがあったので、レーザーで取れるか不安だったのですが、
問題なく除去できるとのことで一安心😇

シミかホクロか自分では判断できないものも診ていただきました。

院長
院長
これはシミだけどCo2レーザーでも除去できそうだね。

やはり分からないものはお医者様に診てもらうのが早いです。

そこから炭酸ガスレーザーについての説明を受けます。
院長が紙に絵を書いて説明してくれました📝


 

とても丁寧で分かりやすかった♡

院長のお話を簡単にまとめると、、

☑︎炭酸ガスレーザーは照射した部分を蒸発させて除去していくもの。
☑︎浅いほくろであれば一度で目立つ傷跡もなく除去が可能。
☑︎深いほくろの場合、深部に母斑細胞(メラニンを作る細胞)を残さざるおえない場合があり、後にほくろが再発してしまうことがある。
(無理に全部とると陥没してしまうため)
☑︎残されたほくろは約1ヶ月で、表面に押し上がってきて再発する。
☑︎残されたほくろは通常はレーザー前に比べてかなり小さくなるのが普通。
気になる場合には最初のレーザーから3ヶ月程待って2度目のほくろ除去を行う。

こればっかりはレーザー当ててみないと分からないそう..!

・浅いほくろは、1度で傷跡もなく治療が可能。
・深いほくろは、深部の細胞が残ってしまうことがあり再発してしまう可能性がある。

施術日の予約・お会計

院長からの説明が終わり、炭酸ガスレーザーを受けることに決定。
看護師さんから治療についての最終説明を受けます✍🏻

・保険治療、自由診療との違い
・手術当日の注意点
・麻酔テープの貼り方 etc..

この日のお会計は
初診料+ダーモスコピー(ほくろの観察)+麻酔テープ代(100円)
=1,180円でした。

最後に施術日の予約を取って帰ります!
私は1月末に初診に行って、施術の予約を取れるのが3月以降でした。
これは平日の場合で、土曜日だともっと先の日にちでした😢(日曜日は休診)

早く受けたいので3月の平日に予約を取ることに。

ひえぇぇ、、さすがの人気っす!

ほくろ除去当日

麻酔テープ


 
何も塗っていない素肌の上に麻酔テープを自分で切って貼ります✂️
予約時間の1時間前に貼らなければいけないので、家で貼ってから向かいました。

榊原クリニックのはレーザー治療が保険適応になるのは1ヵ月に1度のみです。
そして照射範囲は1エリアで、とれるホクロは8箇所までとなっています⚠

顔だと左右の半顔ずつで1エリアのカウントです。
私は顔の左半分で気になっている7箇所を取ることに決めたので、
テープを7分割して貼りました。

受付・マーキング

手術日は初診と違って待ち時間はなく、予約時間通りに案内されました。

初診でも取りたいホクロの箇所は伝えていますが、改めて確認されます。
麻酔テープを剥がして看護師さんにマーキングしてもらい、ベッドに促され院長が来るのを待ちます。

めちゃめちゃ緊張しました!ドキドキ、、!

麻酔注射

院長が来て除去するホクロを確認されます。
小さく浅いホクロは麻酔テープのみで大丈夫でしたが、
大きく根深いホクロは麻酔注射も追加で打たれました。(私の場合は2箇所)

事前にほくろ除去について書かれた記事を検索し、
どの記事にも「レーザーよりも麻酔のほうが痛い」と書いてあったので、
麻酔注射を打つってなった瞬間かなりびびりました(笑)

しかし個人的な感想としては、思ったより痛くなかった!
多分、すでに麻酔テープを張っていた上だったからです。。

麻酔テープなしのいきなり注射だと、かなり痛そう💦💦

炭酸ガスレーザー

いよいよレーザーを当てていきます💥

院長
院長
麻酔をしているので痛くないと思うけど、少し焦げ臭いです。
不快に感じたら口で息してくださいね。

照射され始めると、本当に焦げ臭い匂いがしてきました!
肉を焼いてる匂い?(笑)

ジージーっという音は聞こえますが、痛みは全くなかったです!

7箇所当ててもらいましたが、全部で10分ほどで終わりました。

何十年もの付き合いだったほくろとこんな一瞬でお別れするなんて・・
と不思議な気持ちでした(笑)

軟膏・テーピング

看護師さんに傷口に塗薬を塗ってもらい、テープを貼ってもらって終了です。

処置後の写真はこちらです↓

 
ご時世的にマスクをしなければいけないので、周囲の目は全く気になりません😷

この日は午前休を取っていたのですが、
麻酔が切れた後も特に痛みなどはなかったので、午後は普通に会社行って仕事してました。
誰にも気付かれませんでした(笑)

お会計・経過観察日の予約

ほくろ除去の保険適用の場合、金額は自己負担6,000円~15,000円との説明を受けていました。

私のお会計の内訳はこのようになりました。
再診料+レーザー治療(局所麻酔込)+病理診断料+処方箋料
=9,110円

なんとホクロを7個取って1万円でお釣りがきました❤️❤️

特に大きさを測られたりしなかったので、
サイズは関係なく取ってくれるようです。

1ヵ月以内に再診に行かなければいけないので、予約を取って帰ります。
この日はトータルで1時間もかかりませんでした!!

除去前・当日の写真

※傷跡の画像を載せますので、苦手な方はご注意ください
 
 
 
 

 
 
 
まずはレーザー前の写真です。
(毛穴や産毛は目を瞑っていただければ幸いです🙇🏻‍♀️)
こめかみや口元のホクロも除去しましたが、写真が撮りやすい5箇所を経過として載せていきます。

 

 

家に帰ってマスクを外すと血が滲んでいました。

 

お風呂に入るとテープが剥がれて傷跡はこのような感じになっていました。
赤く血が滲んで少し凹んでいます。

 

シミ取りレーザーの時と違って、くりぬかれているビジュアルに少しびっくり
傷じゃなくて、〝穴〟ですね(笑)

写真で見ると痛々しいですが、この時も痛みは全くないです!

アフターケア

病院から処方された軟膏を3日間朝晩塗り、
その上からテープを貼って患部を保護します。

乾かさないようにするのが重要だそうなので、軟膏をたっぷり塗っていました♩
洗顔や入浴は問題なく行えるので、テープが剥がれたら張り替えます。

病院からは3日間と言われていましたが、
心配性な私は1週間くらいテープを貼っていました(笑)

処方された軟膏はこちらです↓

 

保護テープは事前にマイクロポアテープを買っておきました。

経過写真は次の記事でレポートしようと思います😙