ヘアケア

パナソニックのナノケア「EH-NA9A」を買ったのでレビューします!【オススメの使い方】

こんにちは、Roi(@beauty_roi)です🐰

以前の記事で、美容師さんにおすすめのドライヤーを教えてもらいました。

【美容師さんに聞いた】オススメのドライヤー3選!こんにちは、Roi(@beauty_roi)です🐰 みなさん、ドライヤーにはこだわっていますか? ツヤツヤさらさら、...

じっくり考えた結果、パナソニックのヘアドライヤーを購入しました💁‍♀️

パナソニック ナノケア

 

EH-NA9Aを購入

私が購入したのは、2018年に発売されたEH-NA9Aです💖💖

パナソニック ナノケア EH-NA9A-W
色は無難ですが、洗面所の雰囲気と合うように白を選びました😀

ナノケアにはセットノズルも付属でついていますが、
調べたところ、普段はセットノズルは装着しないほうが良いそうです!
セットノズルは風を集めるためのものなので、ブローに適しているとのこと📝

ナノイーがすごい!

パナソニックのナノケアシリーズの1番の特徴は、ずばり“ナノイー”です。

 ナノイーとはナノメートルサイズの微細なイオン。
一般的な空気イオン(マイナスイオン)の約1,000倍の水分に包まれています。
マイナスイオンは髪の表面に付着してサラサラな髪に導きますが、「ナノイー」は髪に浸透して、水分を与え、しっとりまとまる髪に仕上げます。
引用:パナソニック

簡単に説明すると、マイナスイオンの水分量を増やしたのがナノイー
ドライヤーで髪を乾燥させすぎず、潤いを保ちながら乾かすことのできるのです。

ナノイーには以下のような効果が期待できます。

  1. 髪の水分バランスを整え、うねりをおさえなめらかな指通り。
  2. キューティクルを引き締め、しっとりまとまる髪へ。
  3. 地肌にうるおい、皮脂をケア。
  4. 髪にやさしく理想のスタイリングへ。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

ナノケアシリーズ

5つのモードの使い分けがすごい!

様々なモードが搭載されていて、髪だけでなく地肌頭・毛先・肌までケアできるのです👏

●温冷リズムモード

「TURBO」または「DRY」のときに、
丸い「風温切替ボタン」を一回押すと温冷リズムモードになります。
周囲の温度を検知して、最適な間隔で温風と冷風を交互に自動で出してくれます✨

温風であたためながらクセをのばし、冷風で冷やしてキープさせるという仕組みだそう。
自動でいい感じに風を切り替えてくれて、ツヤのある髪にしてくれます❤

普通のドライヤーなら小刻みに揺らしながら使っていると思いますが、
温冷リズムモードでは揺らさずに、じっくりと風を当てるのがポイントです

●毛先集中ケアモード

温冷リズムモードの毛先バージョンです。
風の強さを弱風の「SET」に合わせた状態で、「風温切替ボタン」を1回押します。

毛先にまとまりが欲しいときは、このモードがオススメ🤗
温冷リズムモード同様、周囲の温度をセンサーで自動検知し、
毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生させるもの。
風髪に風を当てやすい弱風で、じっくり集中的にケアできます!

●インテリジェント温風モード

周囲の温度を本体内部のセンサーが感知し、室温に合わせて風温が変化するというもの。
室温約18℃のときで風温約110℃、室温約30℃のときで風温約60℃になるという。
これからの夏の暑い時期でも快適に乾かせるんだそう🌞

操作方法が一番分かりにくいのがこのモード。
HOTモードで風温切り替えボタンを1秒以上押すと「インテリジェント温風モード」になる仕組みです。
このとき、風量がSETになっていると作動しないので注意してください。

●スカルプモード

普通のドライヤーの温風では熱すぎて直に頭皮を乾かすことは難しいですが、
このモードなら60℃までの温風しか出ないので地肌に近づけて使っても大丈夫です👌
熱すぎず、地肌にちょう~どよい快適な温度です!
熱すぎないのでお子さんにも安心して使えるのも良いですね☺

●スキンモード

お風呂上りの肌に、ナノイーを含んだ風を当てるとお肌が整うそう。
仕上げに1分、SKINモードにして顔に当てるとしっとり肌になるとのこと💜

「手に当てていると手荒れが治った」
「背中に当てていると背中のニキビが治った」
という口コミもあって驚きました😳😳

EH-NA9AとEH-NA99の違いは?

前作モデルとよく似ているので比較されがちな2種ですが、
スペックを比べてみると、風量・質量・機能・搭載モード全てにおいて同じです。

Roi
Roi
何も変わってないじゃん・・・

そんなことはありません!
メーカー公式HPで確認すると、2つ変わったところがありました!

ミネラルマイナスイオンの発生量が約2倍に

ミネラルマイナスイオンの発生量が前作モデルよりも約2倍に進化したそうです😍
空気中の水分をマイナスイオンに変え、髪内部にうるおいを与える力がパワーアップ!
キューティクル密着性を高めることで、摩擦・紫外線に強い髪へと育ててくれます。

UVケア性能が1.8倍に

紫外線照射による摩擦係数増加抑制値も前作モデルよりも約1.8倍に上がったそうです☺
紫外線や、日常のブラッシング・ヘアーアレンジによる摩擦のダメージから髪を守ってくれます!☀
夏の日差しや冬の静電気に効果があるのはもちろん、カラーで傷んだ髪をいたわってくれるドライヤーです。

オススメの使用方法

モードが沢山あるので色々試して自分の髪質にあったモードを
探していくのも楽しいです💡
私が時間がある時とない時で使い方も分けています♪

時間がある時

  1. SCALPモードで地肌からゆっくり80%くらい髪を乾かす
  2. 温冷リズムモードでさらに全体を乾かす
  3. COLDモードで全体を冷風で引き締める
  4. 最後にSKINモードで顔や首に風を当てる

時間がない時

  1. HOTモードで80%くらい髪を乾かす
  2. 温冷リズムモードでさらに全体を乾かす
  3. 最後にCOLDモードで冷風で引き締める

使ってみた感想

一番買って良かったな~と思うところは、
乾かす時間が猛烈に短くなったということです!

安物のドライヤーとは比べ物にならない風量なので、あっという間に乾いちゃいます🤩
私の髪の長さは胸下ロングなので、
髪を完全に乾かすには以前のドライヤーなら15分くらいかかっていたのですが、
ナノケアに変えてからは10分もかかりません。5分足らずくらいですかね?
確実に3分の2以下には短縮されていると思います。

温冷リズムモードを丁寧に当てていくと
乾かしていく途中から髪がツルツルしてくるのが分かります😇

あとSKINモードですが、
化粧水をつけたあとにSKINモードであてると、化粧水の浸透がとても良くなりました💞

ドライヤーなんてどれも同じだろう。と思ってた昔の自分を叱りたいですね😤笑

使ってみて感じたデメリット

今のところ個人的にデメリットは感じていない・・というのが本音ですが、
参考になるように客観的に考えました!

・少し重く感じる
高機能だけあって重く感じる人もいると思います。
特に小さいお子様には重くて使いづらいでしょう💦

・モード切替が複雑
慣れれば簡単なのですが、細かいモード切替が搭載されているので
ドライヤーしながらやりづらいという方もいると思います🤦‍♀️

ドライヤー収納方法

ちなみに我が家ではドライヤーをこのように吊るしています👇

高級ドライヤーってデザインもオシャレで折りたためないものが
多いのですが、パナソニックは折りたためるのがいいですね🙂

場所を取らずにコンパクトに収納できます。
気になった方は是非どうぞ。笑

まとめ

ヘアドライヤーは消耗品なので、残念ながらいつかは壊れてしまいます
メーカーよって異なりますが、平均寿命は3年~4年だと言われています。
家族が多い方は、使う回数もその分多くなるのでさらに短い場合もありますよね😥

価格は変動はあると思いますが、私が購入した時は1万6千円でした。
「消耗品のドライヤーに1万6千円は高い・・」と思う方もいるかもしれませんが、
毎日使うものだからこそしっかり投資するべきなのです‼

1万6千円のドライヤーを丸4年使ったとすると、日割で計算すると1日約10円くらいなんです!!
そう考えると、安く思えてきませんか?✨

ドライヤーを買い替える方は、ぜひ検討していてくださいね!